<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
内装・外装工事
建都コーポレーションの洲崎です。
F様邸では、着々と工事が進んでいっております。

室内にはフローリングが貼られ
d0121673_22454575.jpg


階段も取付けられました。
d0121673_22462728.jpg


壁にはびっしりと断熱材が貼りつめられています。
d0121673_22471690.jpg


外壁もサイディング工事が終わりました。
d0121673_22523339.jpg


今は建物の外周を養生シートで覆っていますので、外観はよく見えませんが、もうすぐ仮設足場を解体しますので、そうしたら外観をご覧いただけるようになります。
by kent21_k | 2008-02-22 23:02 | <新築>寝屋川市F邸
断熱工事
F様邸には、屋根断熱材『快間ルーフ』と壁内にはグラスウール断熱材、床下にはカネライトフォーム、ガラスは高断熱ペアガラスを採用しています。

・快間ルーフ
d0121673_18521297.jpg

d0121673_18523425.jpg

快間ルーフと軒げたとの隙間は、ウレタンフォームで断熱処理を行っています。
d0121673_1857385.jpg


・グラスウール断熱材
d0121673_1853854.jpg


・カネライトフォーム
d0121673_1853426.jpg

by kent21_k | 2008-02-09 18:58 | <新築>寝屋川市F邸
JIO検査(構造躯体検査・外装下地検査)
先日1月31日にJIOの構造躯体検査、2月8日に外装下地検査を行いました。

『構造躯体検査』とは、主要な構造部をJIO専属の建築士が細かくチェックし、家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋かい」は図面通り配置され適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか(木造在来工法の場合)、など通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。

d0121673_1840656.jpg
『外装下地検査』とは、外壁を貼ると見えなくなってしまう外壁下地の防水シートの重ね代が規定以上設けられているか、防水テープやコーキングが適切に処理されているかなど、雨水の浸入を防ぐ部分を主に検査します。

d0121673_18403212.jpg


両方の検査とも、問題なく一発合格しています!
by kent21_k | 2008-02-09 18:41 | <新築>寝屋川市F邸