<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ガス管工事
今回建築させていただいている敷地には、元々古い住宅が建っていました。

今日は、以前の住宅で使用するために埋設されていた古い都市ガス管を新しいガス管と高官する作業を行いました。

まずはカッター(デカイです)でアスファルトを切断します。
d0121673_2334872.jpg


次に切ったアスファルトをショベルカーを使ってめくり、
d0121673_2362844.jpg


ショベルカーで掘って入替え完了!!

・・・のはずが、トラブル発生!
地面が硬過ぎてショベルカーが使えません!!

仕方なくコンクリート粉砕用の機械を使った人海戦術に切替です。
d0121673_2371138.jpg


時間がかかりましたが、無事完了!
後日道路舗装工事を行うので、それまでは仮復旧ということでこのままの状態にしておきます。
d0121673_2382562.jpg

by kent21_k | 2009-03-31 23:02 | <新築>寝屋川市漆喰の家
基礎コンクリート打設
今日は朝から基礎のコンクリートの打設を行いました。

一般的な2階建て住宅の約2.5倍ものコンクリートを使用しました。
打設が全部終わった頃には、工事関係者も全員クタクタでした。。。
d0121673_020045.jpg


今回も打設下コンクリートのサンプルを現場で採取し、コンクリート試験を行っています。
d0121673_0205533.jpg



他社では住宅の基礎のコンクリートを打設する際には2回にわけて打設しますが、当社では1回で打設する工法を取っているので、その分大変ですが、頑丈な基礎が作れます。5人がかりで半日かけて打設し終わりました。
が降らなくて本当に良かったです!
d0121673_0214656.jpg

d0121673_0215235.jpg

by kent21_k | 2009-03-28 00:17 | <新築>寝屋川市漆喰の家
配筋検査
基礎の鉄筋が組み終わると、コンクリートの打設を行いますが、その前にJIO(日本住宅保証検査機構)の配筋検査を受検します。

この検査に合格しないと、次の工程に進むことができません。

鉄筋の太さやピッチだけでなく、鉄筋の接ぎ方や組み方等も厳し~くチェックされます。
d0121673_0103581.jpg

d0121673_0104736.jpg


検査の結果、無事に合格できましたので、次の工程(コンクリート打設)へと進みます。
by kent21_k | 2009-03-24 23:50 | <新築>寝屋川市漆喰の家
住宅基礎配筋作業
住宅部分の基礎の配筋作業ですが、建物が大きすぎて、各箇所の鉄筋のピッチ(間隔)や太さを確認して回るだけでも大変です。。。

d0121673_20591650.jpg


建物の各場所ごとに求められる基礎の強度が異なるので、鉄筋の組み方も変わります。

今回のK様邸の場合は主に直径13mmの鉄筋を15~20cm間隔で配置していく部分が多いです。

d0121673_2101069.jpg

d0121673_2104033.jpg

d0121673_2105542.jpg

d0121673_2114424.jpg

まるで迷路みたいですね。。。
でも、その分頑丈な基礎が出来上がります!

配筋作業が終わると、JIO(日本住宅保証検査機関)による配筋検査です!
by kent21_k | 2009-03-23 20:53 | <新築>寝屋川市漆喰の家
いよいよ上棟です!
基礎が完成すると、いよいよ棟上です!
こちらが完成した基礎です
d0121673_2148133.jpg

1階部分は施主様が経営する会社の事務所も兼ねているため、基礎の高さは通常の住宅よりも低めに設定しています。

基礎が出来上がると仮設足場を組み立てます。仮設足場を組むことで、より安全に作業をすることができます。
d0121673_2254530.jpg


いよいよ上棟!上棟の日は朝から約10人ほどの大工さんが来て、朝からクレーンを使って建物を組み上げていきます。
d0121673_2284744.jpg

そして夕方には建物の骨組みができあがります。
d0121673_2210128.jpg

屋根がR形状になるので、骨組みもR形状になっています。

上棟作業が終わると、棟に御幣を掲げ、工事関係者と施主様、そして弊社スタッフで建物が竣工後も無事であるように祈ります。また、大工の棟梁と施主様とで建物の四隅に塩・お酒・洗い米をまいて清めます。
d0121673_22253556.jpg

最近は上棟式を省略される方も多いと聞きますが、実際に工事をしてくれる大工さんと顔を合わせられる良い機会ですし、一生の記念行事なので、なるべく上棟式を開くことをお勧めしています。

棟が上がると一気に建物が出来上がったように感じますが、大工さんの仕事はここからが本番です!!
by kent21_k | 2009-03-19 21:39 | <新築>交野市N様邸
栗石施工
昨日改良した地面に栗石という直径10~15cmほどの石を転圧しながら敷き詰めていきます。
d0121673_20485471.jpg

d0121673_2049395.jpg


栗石を敷くことで、地面と建物の基礎がしっかりと噛み合うようになります。
d0121673_2052123.jpg

by kent21_k | 2009-03-18 20:47 | <新築>寝屋川市漆喰の家
住宅基礎工事着工
きのうから住宅の基礎工事に取り掛かっています!

まずは土地を整地して地盤改良を行いました。

ショベルカーで土地の表面約30cmほどを掘り、改良材と混ぜ合わせてから転圧して埋めます。
そうすると、地表がとても固くなり、建物を建築するのに適した地盤となります。
d0121673_20433693.jpg

使用した改良材は合計3000kg!!
d0121673_20441811.jpg


転圧した後の地表はガッチガチです!
d0121673_20453060.jpg

d0121673_20455286.jpg

by kent21_k | 2009-03-17 20:34 | <新築>寝屋川市漆喰の家
地鎮祭
今日は晴天にも恵まれ、絶好の地鎮祭日和でした!

寒さも少し緩やかになり、いよいよ春本番といった感じです!
d0121673_20282534.jpg


朝早くからの式典でしたが、星田神社の宮司さんをはじめ、工事関係者、施主様ご家族のご協力のおかげで、立派な地鎮祭ができました!

d0121673_20282642.jpg


d0121673_20294348.jpg


明日からいよいよ住宅の基礎工事に着工です!
気合入れて頑張ります!!
by kent21_k | 2009-03-15 20:06 | <新築>寝屋川市漆喰の家
地盤改良~基礎コンクリート打設
地盤調査のデータを基に柱状改良工事(DSP工法)を行いました。
d0121673_2335685.jpg

建物が建つ部分の地面に直径50cm・深さ3.7~6m(強固な地層(=支持層)に達するまで)の穴を28本掘り、その穴の中にセメント系の地盤改良材(粉状)と土を攪拌させながら埋め戻していきます。
改良材が土と混じると、土中の水分と反応して約3時間ほどでカチカチに固まります。
すると地中に28本の固い柱が作られることになり、建物の不同沈下を防止してくれます。
下の写真は地盤改良材です。1袋に1トンの改良材が入っており、全部で7.5トンの改良材を使用しました。
d0121673_23441682.jpg


建物を支える地盤ができるといよいよ基礎工事に着工です。
まず、地盤をならした後、基礎の鉄筋を組み、コンクリートを流し込む型枠を組み上げます。
d0121673_23482212.jpg

d0121673_23483624.jpg

当社の基礎は他社の一般的な2回に分けてコンクリートを打設する工法と違い、1回でまとめて打設するので、コンクリートに継ぎ目ができず、見た目もきれいで強度も強い基礎が作れます(基礎コンクリート一発打ち工法)
そのためには「浮かし型枠」と呼ばれる専用の工法で型枠を組むため、手間もコストもかかります。それでも、建物の最も重要な部分なので、一切の手抜きはいたしません!

基礎のコンクリートを打設するときにも、打設するコンクリートが、設計士の要求する基準を満たすものかどうかの検査を行います。
d0121673_063789.jpg

コンクリート検査では主に
・コレディーミクストコンクリート(=生コン)の固さ
・温度
・塩分含有濃度
・酸素飽和量
を調べます。
また、コンクリートの強度は打設後28日後の強度を基準とするため、現場で採集したサンプルを28日間にわたって水中で養生し、その後強度を測定します。なぜ水中で養生させるかというと、コンクリートは水と反応して固化(=強度が出る)するためです。

d0121673_0155525.jpg

by kent21_k | 2009-03-11 23:33 | <新築>交野市N様邸
ガレージ埋め戻し
久々に現場に行ってビックリ!!
d0121673_19531425.jpg

こんなに大きなガレージが



d0121673_1953466.jpg

こんなに小さくなりました!!

約半分ほどが土に埋まっています。
土を埋め戻す際にも、一気に埋めるのではなく、少し埋めてから転圧を行い、また少し埋めてから転圧して・・・という作業を繰り返しながら、丁寧に埋めてあります。

また、今日はガレージ横から建物の玄関へと続く階段の配筋作業も行われました。
d0121673_1959917.jpg

by kent21_k | 2009-03-05 19:48 | <新築>寝屋川市漆喰の家